おやつの与え方

ワンちゃんのおやつも、是非安心できるものを選んであげてください。但し、おやつはあくまでもちょっとした楽しみやコミュニケーションとして与える程度にしたいもの。喜ぶワンちゃんを見ていると、ついたくさん与えたくなってしまいますが、与え過ぎは肥満のもと。それに、栄養バランスを崩してしまう原因になります。これでは本末転倒です。表示されている量を守って与えるようにしましょう。おやつを与える場合は、一日の必要カロリーからおやつ分のカロリーを引いた量を与えるようにすると肥満を防ぐことができます。

また、おやつであってもやはり安心できるものを選ぶ必要があります。安心できる材料かどうか、原産国はどこか、添加物についてなどチェックすることはたくさんあります。ジャーキーを与える方も多いかもしれませんが、こちらも是非無添加のものを選んであげてください。チキンやラム、鹿など色々なものがあります。

最後に注意点を一つ。誰もいない間におやつを与えるなどの行為は避けることをお勧めします。吠えないようにドッグフードを与えるなどすると、ワンちゃんは「吠えれば餌がもらえる。もらえるまで吠えよう」となります。それに、知らない間に吐いたり間違って食べてはいけないものを食べてしまったりする危険も。ですから、必ず目の前に食べさせるようにしてください。

メリットデメリット

色々な種類があるドッグフードですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。ウェットタイプは、水分が豊富ですので食べやすく素材本来の味や風味を味わうことができるといった良さがあります。嗜好性を重視しているので、ワンちゃんの食いつきも良いですし柔らかくて食べやすいですから、高齢になって硬い物が苦手になったワンちゃんにもお勧めです。しかしながら、栄養バランスのことを考えるとウェットタイプばかりを与えるのは考えものです。また、歯垢がたまったり口臭の原因になりやすいなどのデメリットもあります。他にも、ウェットタイプばかりを与えていると、栄養バランスが良いドライタイプのドッグフードを食べなくなる可能性もありますので、特別な時に与えるなどメリハリを付けて与える方が安心です。

ドライタイプのドッグフードは、栄養のバランスが良く硬さがありますので顎が鍛えられたり歯垢が付きにくいなどのメリットがあります。それに、価格的に見ても比較的安いですので、経済的にもお勧めと言えるでしょう。保管も簡単です。与える時は水分をたっぷりと用意してあげましょう。

このように、種類によって違いがあります。安全なものを選ぶことはもちろんですが、安全に食べられるように保管にも注意が必要です。

ドッグフードの種類

ワンちゃんを飼っている方、或いはこれから飼う予定がある方は、是非ワンちゃんの健康を考えて良いドッグフードを選んであげたいただきたいと思います。ご存知のように、お店に行けば数多くのドッグフードを目にすることと思います。しかし、どれも皆同じというわけではありません。使われている材料、原産国なども様々ですし、それぞれどんなところに力を入れて作っているのかそのあたりも異なっています。無添加を謳っていたり、食いつきが良いなどのメリットをアピールしているものもあります。いずれにしても、価格だけを見て安さで選ぶことのないようにしたいものです。

また、ドッグフードは大きく分けて3つの種類があります。一つは「ウェットタイプ」と呼ばれているもので、およそ7割の水分が含まれています。素材の味や香り、食感などを楽しめるなどの良さがあります。また、柔らかいので食べやすいというメリットもあります。「ドライタイプ」は、約1割の水分が含まれています。栄養バランスが良く、歯垢がつくのを防ぐなどの良さもあります。また、日持ちするのも良いところです。「セミドライタイプ」は、およそ3割の水分を含んでいるドッグフードで、こちらも柔らかいので食べやすいといったメリットがあります。

このように、色々な種類のドッグフードがありますので、上手に取り入れてみてください。ここでは、ドッグフードの種類について紹介します。是非参考にしてみてください。