メリットデメリット

色々な種類があるドッグフードですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。ウェットタイプは、水分が豊富ですので食べやすく素材本来の味や風味を味わうことができるといった良さがあります。嗜好性を重視しているので、ワンちゃんの食いつきも良いですし柔らかくて食べやすいですから、高齢になって硬い物が苦手になったワンちゃんにもお勧めです。しかしながら、栄養バランスのことを考えるとウェットタイプばかりを与えるのは考えものです。また、歯垢がたまったり口臭の原因になりやすいなどのデメリットもあります。他にも、ウェットタイプばかりを与えていると、栄養バランスが良いドライタイプのドッグフードを食べなくなる可能性もありますので、特別な時に与えるなどメリハリを付けて与える方が安心です。

ドライタイプのドッグフードは、栄養のバランスが良く硬さがありますので顎が鍛えられたり歯垢が付きにくいなどのメリットがあります。それに、価格的に見ても比較的安いですので、経済的にもお勧めと言えるでしょう。保管も簡単です。与える時は水分をたっぷりと用意してあげましょう。

このように、種類によって違いがあります。安全なものを選ぶことはもちろんですが、安全に食べられるように保管にも注意が必要です。